本文へジャンプ
特集 こだわり材料の焼きたてパン屋さん


 食の安全性を気遣う人が増える中、苫小牧市内でもこだわりの材料を使った安心でおいしいパンの専門店が人気となっています。焼きたてのパンと温かい飲み物が、小さな幸せを運んでくれそう。


Le Boulanger OZO(ル・ブーランジェ オゾ)
苫小牧市見山町4丁目3-7
☎(0144)73-0141
◎営業時間/AM8:30〜PM7:00
◎定休日/水曜日
パン工房 クロワッサン
苫小牧市宮前町3-13-20
☎(0144)67-9818
営業時間/木・金・土曜日の
AM10:30〜PM4:00

 子どもの頃から「大人になったらパン屋さんになりたい」と夢みていたという代表の小野洋さん(33)。昨春、大成町から移転し、「ボンヌ・ジュルネ」から現在の店名に変わった。
 そんなパン大好きな小野さんが、心を込めて毎日80種類以上もの商品を作っている。「春よ恋」をはじめ「ハルユタカ」、「ホクシン」、富良野産小麦など7種類の道産小麦を、作るパンによって使い分けている。
 自家製コロッケを包んだ「チーズコロッケパン」(150円)や、トロトロの卵が入った「とろたま入りカレーパン」(160円)など独自の商品がずらりと並ぶ。しかし見逃せないのが5種類の食パンと、フランスパンなどのハード系パン。米粉を配合した「苫小牧白鳥食パン」は、窓から見える苫小牧川で羽を休めるハクチョウをイメージして作ったそうだ。
 店内にはイートインコーナーもあるので、ハクチョウを眺めながら焼きたてパンを味わってみては。道産小麦と道産生クリーム、苫小牧産ハチミツを使ったバースデーケーキ(3150円〜、3日前まで要予約)も人気。

 早朝3時から焼き始めるパンは、開店と同時に常連客が次々と買い求めていく。初めての人は早い時間に行くのがおすすめだ。
 週末だけの営業だが工夫を凝らし、たとえば木曜日には全粒粉を使った「グラハムブレッド」(320円)、金曜日は山型食パンが入った「スペシャルブレッド」(420円)というふうに、曜日によって登場する商品が楽しめる。中身が4種類ある「天然酵母パン」(プレーン90円〜甘納豆130円)など、店頭には数十種類のパンが並んでいる。
 常に人気を集めるているのは、お店の名前でもある「クロワッサン」(140円)をはじめ「食パン」(390円)や無農薬の甘夏ジャムが入ったバラの形の「バラパン」(450円)。
 最近登場した新作の「ちくわチーズロール」(140円)は、生地がカレー風味でチーズによく合い、あとを引く味。早くも人気の1品となっている。

boulangerie ble(ブーランジュリー ブレ)
苫小牧市桜木町1-21-16
☎(0144)75-6173
営業時間/AM10:00〜PM6:00
(売り切れ次第終了)
定休日/日曜日
手づくりパンとお菓子「自家焼」があがぁん
苫小牧市明野新町1丁目11-2
☎・FAX(0144)57-3924
◎2週間に1度、地域ごとに
火または金曜日に宅配

 店内のガラスケースの中には、絵本に出てきそうな可愛らしいパンがずらりと並ぶ。開店して2年目だが、お客さんの要望を積極的に取り入れ、ファンを増やしている。「プティクロワッサン」(5個入り250円)は、まさにお客さんからの「小さいクロワッサンがあればいいのに」という要望に応えて登場した商品。本格派の味がひと口サイズになっており、ついつい食べすぎてしまいそう。
 おすすめのパン=写真=(前列左から時計回りに)は、「コーヒーブレッド」(200円)、レーズンの入った「パン・オ・セーグル」(300円)、「チキングラタン」(250円)、「フォンダンショコラ」(280円)、「ホーン」(120円)、「苺のデニッシュ」(250円)、「アップルパイ」(120円)。
 食べてしまうのがもったいないほど可愛いパンをぜひ、味わってみて。

 2週間に1度のペースで地域ごとに火または金曜日に分かれ、苫小牧市内への宅配を行っている。代表の岩谷みさおさん(50)の3人のお子さんが赤ちゃんの頃、最初に「お母さん」と言うつもりで口にした言葉が「があがぁん」だったという。可愛い子どもたちが安心して食べられるよう保存料や生地改良材などを使わず、お母さんの愛情がいっぱい詰まった味に焼き上げている。
 60種類のレパートリーの中、1回につき16〜17種類を扱っている。天然酵母を使った「プレーン食パン」(1斤250円)や「角食」(1斤280円)など定番商品のほか、3月には「クロワッサン」(110円)、紅茶の葉を生地に練り込んだ「紅茶パン」(60円、紙ボックス入250円)、人気の「エッグタルト」(100g=6個200円)などが登場。
 宅配は午後4時からで、1件につき宅配料150円。2日前までにファクスで注文すると、希望のパンが受け取れる。同日の正午から午後4時までは、岩谷さん宅で引き取りも受け付けている。4月からはパン焼き日が変更になる予定なので、電話で確認を。