本文へジャンプ

特集 湯ったり、くつろぐ温泉特集


寒い日が続く中、温泉にのんびり浸かることは至福の楽しみ。疲れが取れて心も癒される、白老町のおすすめ温泉と足湯を紹介します。


魚卵人(ぎょらんちゅ)
白老郡白老町字虎杖浜289-5
☎(0144)87-6565
直売所=営業時間/AM9:00〜PM5:00
年末年始以外無休、足湯は年中無休
湯元 ほくよう
白老郡白老町字竹浦121-41
☎(0144)87-2345
日帰り入浴の利用時間/
AM5:00〜AM0:00
年中無休

 株式会社スイコウ(山村実社長)が運営。もともと温泉施設だった場所を水産加工場にしたという。工場と直売所「魚卵人」がある敷地の中に「源泉かけ流し」の足湯が湯けむりを上げている。
 遠方から来る観光客にはすでに人気で、お目当てのタラコを買って足湯でひと休みというドライバーも多いという。効能は創傷、慢性湿疹、リウマチ性疾患など。
 また、魚卵人で販売している「昆布巻きたらこ」(500円)は、昆布もタラコも虎杖浜産。「明太子マヨネーズ」や「ガーリックたらこマヨネーズ」(各350円)はパンに塗って食べるとおいしいと若者にも好評。
 足湯は無料。手ぬぐい持参でお気軽にどうぞ。

 宿泊と日帰り入浴ができる湯元ほくようは「お肌スベスベ美人湯」として知られる人気の温泉。大浴場と大きな露天風呂、休憩所や食事コーナーの設備もあって入浴料500円(小人250円)で1日中くつろぐことができる。
 女湯は、外を歩いていく露天風呂と内湯直結の露天風呂の2種類があり、お湯のはしごを楽しむ女性客が多い。
 また、午前7時から同9時までは入浴と朝食バイキングがセットで1,000円(小人500円)というお得なコースがあり、海釣りの帰りやドライブ途中に「身体を温めてお腹も満腹」と大好評。バイキングは宿泊客と同様で
和食を約25品目味わうことができる。宿泊は1泊2食
付きで6,850円から。


リゾートホテル オークラスパランド
白老郡白老町竹浦112
☎(0144)87-4126
日帰り入浴の利用時間
/AM10:00〜PM10:00
年中無休
虎杖浜温泉 ホテルいずみ
白老郡白老町虎杖浜312-1
☎(0144)87-2621
日帰り入浴の利用時間/
PM12:00〜PM9:00(受付はPM8:00まで)
土曜日、連休はPM4:00まで
年中無休

 露天風呂から太平洋を一望できる絶好のロケーションが魅力。館内には温泉プール、大浴場には毎月変わる泡風呂(土・日・祝日のみ)や低温と高温の2種類のサウナがあり、家族みんなで楽しめる施設になっている。
 入館料1,000円でバスタオル、フェイスタオル、浴衣がセットになっているので手ぶらでもOK。
 今年20周年を迎えるのを記念して、1,000円の入館料を800円にする割引を実施(年内いっぱい)。マイタオルを持参するとさらに100円引きとなる。下記クーポンの「よみうりプラザ特別割引」は、マイタオル割引と併用でき、とてもおトク。この機会にぜひ遊びに行ってみて。

 虎杖浜の高台に位置するため、露天風呂からはもちろん、海に面した客室からも太平洋を一望できる。
 宿泊は1泊2食付きで8,550〜15,000円。自慢の魚介類や白老牛を使ったプラン、釣りや陶芸、自然石でのアクセサリー作り体験がセットされているプランも用意している。また、パークゴルフ場も併設しており、宿泊客は無料で利用できる。
 100%源泉かけ流しのナトリウム塩化物泉は「美肌の湯」と名高いほか、疲労回復や保温効果にも優れている。日帰り入浴は大人500円、小学生200円、幼児100円。宿泊客が夕食時間に入る同6時過ぎが比較的空いているそうだ。何度か通って、体の本来の元気さを取り戻そう。


虎杖浜温泉 ぬくもりの湯
白老郡白老町虎杖浜73-5
☎(0144)87-3503
営業時間/AM10:00〜PM10:00
年中無休

 一昨年3月、虎杖浜温泉ホテルから日帰り温泉専門の「ぬくもりの湯」に生まれ変わった。温度の違う100%の源泉3本からお湯を引き、混ぜて湯温の調節をしている。
 露天風呂やサウナ、泡風呂、ジェットバスのほか、源泉に水を足して28度くらいにしたぜいたくな「温泉プール」も。広々とした休憩室や食堂、ゲームコーナーもあり、家族全員が長時間くつろげる施設となっている。食べ物の持ち込みはOKだが、飲み物は不可。
 入浴料は大人600円、小学生400円、幼児200円。火曜日は60歳以上、水曜日は女性、木曜日は男性が400円で、そして日曜日は小学生以下が200円で入浴できるサービスを行っている。おトクなこのサービス、見逃さないで。