本文へジャンプ

みんな大好き!から揚げ


 いつもの食卓に、ビールと一緒に、お弁当にと、「から揚げ」はどんな場面でも大活躍。揚げたての「カリッ」「ジュワッ」がたまらない、おすすめのから揚げを紹介します。どの店も電話予約すると、時間に合わせて揚げたてを用意してくれます。さっそく今日の晩ご飯にいかが?
呑み喰い処 ぽんた 北海道唐揚げ えぞや本店
苫小牧市大成町2丁目1-2
☎(0144)75-0027
◎営業時間/昼AM11:00~PM2:00
      夜PM6:00~AM0:00
◎年中無休
苫小牧市弥生町2丁目3-1
☎(0144)82-7153
◎営業時間/AM10:00~PM7:00
◎定休日/月曜日)

 居酒屋では多くのお客さんが注文するから揚げは、やはり人気のメニュー。ぽんたでは、家庭的な味付けの「とり唐あげ」(630円)、香ばしい香りがたまらない「ニンニク醤油風味」(680円)、そして時々「本日のおすすめ」で登場する「とり塩唐あげ」(600円)の3種類がある。中でも人気の塩唐あげは「そろそろレギュラーメニューに」と思案中だとか。
 食べ比べてアナタの好みの味を見つけてみて。

 白いたいやき「尾長屋苫小牧店」と同店舗内にあるから揚げの店。国産の若鶏を、富良野ワインと丸大豆しょうゆで作った特製ダレに漬け込んで揚げた。まさに「家庭の味」で、ご飯がどんどん進みそうだ。
 もも肉(小=約200㌘420円、大=約430㌘820円)のほか、ヘルシーなむね肉(小=340円、大=680円)も用意。おにぎり2個とから揚げ5個の「おにぎり&唐揚げセット」(450円)、甘酢ソースで味付けしたから揚げをパンにはさんだ「唐揚げドッグ」(230円)もある。テイクアウト専門だが、店内のテーブル席でも食べられる。

若鳥半身から揚げ きくや 若どり からあげ屋
本店/千歳市千代田町2丁目14
☎(0123)42-0483
移動店舗/☎090-7519-0483
◎営業時間/PM12:00~PM7:00
(なくなり次第終了)
★市内移動店舗営業日
◆月/不定期◆火/第1・3=宮永商店(弥生町2)、第2・4=ツタヤ(ときわ町6)◆水/スパー明野店(明野新町6)◆木/ワークショップコーヨー(日軽金向かい)◆金/ぬまのはた歯科クリニック(拓勇東町4)◆土/スパー明野店(明野新町6)◆日/ドクターアイズ(川沿町6)
白老郡白老町栄町1丁目8-11
☎(0144)82-2779
◎営業時間/AM10:00~PM8:00
◎不定休

 この黄色い目立つ車、曜日ごとに市内の各所に停まっているので、1度は目にしたことがあるはず。そして、知っている人はすでに、「半身から揚げ」(900円)のリピーターとなっているはずだ。
 国内産の肉だけを使い、冷凍保存や作り置きは一切せず、常に揚げたてを提供する店主のこだわりは、味に凝縮されている。揚がるのに約10分。夕方は混雑することが多いので電話予約するのがおすすめ。

 白老町、栄町町内会館の向かいに2002年にオープンした。メニューは十勝産の若鶏の半身を程よい塩味にして揚げた「若どりのから揚げ」(750円)と、「手羽先」(大5本・430円、小6本・380円)の2種類。厳選された材料と新鮮な揚げ油がおいしさの決め手だ。
 お客さんは地域住民が多いが、口コミで人気が広がり、苫小牧や登別方面からもリピーターが通っている。テイクアウト専門なので、アツアツを食べたい人は白老の浜辺に車を停めて、景色を眺めながら味わうのもよさそう。

バーベキュー パーク・ブロイラー 弁当ハウス
市泉町2丁目8-7
☎(0144)32-7417
◎営業時間/AM11:00~PM9:00
(ラストオーダーPM8:30)
◎定休日/水曜日
苫小牧市しらかば町6丁目22-11
☎(0144)74-7699
◎営業時間/AM9:30~PM8:00
◎年中無休

 創業43年の老舗の店。揚げたてを店内で食べるお客さんを中心に、テイクアウトする人も増えている。
 看板メニューは鶏の半身を揚げた塩味の「こがね焼き」(900円)だが、写真の「ザンギ」(1,000円)も負けず劣らずの人気だ。ニンニク風味がいっそう食欲をそそり、素材のおいしさを余すところなく味わえる。3日に1度買いにくる常連客もいるそうだ。シンプルなごま塩の「おにぎり」(100円=スープ・漬物付き=)と一緒にどうぞ。

 オープンから28年間、変わらぬ味付けでダントツの人気メニューが「から揚げ弁当」(600円)だ。ゴロッと大きめのから揚げは、むね肉を使用しているのにパサつきもなくとってもジューシー。カロリーを気にする人にも安心だ。
 ご飯によく合う味付けなので、晩ご飯のおかずに単品で買いに来る人も多い。ぜひ一度食べてみて。