本文へジャンプ
特集 家事の能率がグーンとアップ!お役立ちキッチングッズ


 毎日続く食事の支度や後片づけ。少しでも楽しく、効率的にしてくれるキッチングッズを集めてみました。春から新生活を迎える人へのギフトにもいかがですか?


手荒れもネイルも守ります
「米とぎ棒」と「米ピタ!クリップ」
 水の冷たい季節はお米をとぐのがイヤ。しかも水と一緒にお米がパラパラ…。「あーもったいない!」と感じたことのある人は多いはず。
 それを一気に解決してくれるアイテムがこちら。「米とぎ棒」(左・840円)はひし形網目形状になっているので、回すように動かすだけでお米がとげる。指先にケガをしている時やネイルをしている時にも便利。
 そしてぜひ、セットで使用したいのが「米ピタ!クリップ」(315円)。ボールに付けておくとお米をすすぐ時にこぼれる心配がなく、水切りがサッとできる優れものだ。
1台で3役!「リンス&チョップ」
 まな板と水切りがひとつになったおしゃれで便利な調理器具。野菜などを水洗いするする時は写真手前のように、中央の線に沿ってまな板を折りたたみ留め具をかける。丸い穴がザルの役目となり、洗いながら水切りができる。洗った食材をそのまま鍋へ移す時もスムーズだ。野菜などをストックするカゴにも使える。
シリコンの吸着力でラップ不要
 「シリコンリッドM」
 ハスの葉をモチーフにした、シリコン製の万能ふた。ガラスや陶器、プラスチックなどすべての容器・鍋にポンと乗せると、シリコンが吸着し、高い密閉性で食材を保存してくれる。電子レンジに入れる時は裏返して使えば、ハスの葉脈≠ゥら空気が程良くもれ、爆発する心配もない。ラップを使わずにすむので経済的だ。

用途に合わせて使い分け
 「インデックスまな板」
 魚用と肉用、野菜用、そして調理済み食材用の4つのまな板をコンパクトに収納。イラスト付きの「インデックス」を引けば、使いたいまな板がサッと取り出せる。使い終わったら、収納するシルバーのケースは、キッチンとの相性も抜群。ケースの底部分には穴が空いているので、洗ったまな板の水切りもでき衛生的だ。
こんな使い方も!
「シリコーントレー」と「シリコーンカップ」
 バレンタインやバースデーの手作りには欠かせないチョコレートの型がシリコンで登場(左・735円)。耐熱は210度、耐冷はマイナス40度で幅広く利用でき、型から外しやすい素材が人気となっている。
 また、ハート形(右手前・3個入り420円)やクローバー形(右奥・3個入り525円)は型を取るだけでなく、おかずの小分け用カップとしても使える。お弁当箱に入れて使うと彩りもよく、洗って何度も使えるので経済的。
テレビや雑誌で話題
「ルクエ スチームケース」
 レンジで“チン!”するだけで手軽に美味しく調理ができると話題になったスチームケース。
 食材から出る水分だけで蒸したり煮込んだりするため、うま味と栄養を逃すことなく誰でもおいしく作ることができる。しかも「油を使わずヘルシー」とは一石二鳥。愛用者をグングン増やしている。
 レギュラーサイズ(奥・5,775円)と、1人分のおかずやおつまみ用に便利なプチサイズのペティート(3,780円)など、用途に合わせて選ぶことができる。

重ねて収納できる「ネスト8」
 大・小のボウル、水切りカゴ、ふるい、4サイズの計量スプーンの8つのアイテムが1セットに(左)。重ねて収納でき、カラフルな色使いがキッチンをおしゃれに彩ってくれる。ボウル(大)の底にはすべり止めのゴムが、水切りカゴは足付きなど、使い勝手の良さにもこだわりを見せる。レモンしぼり器とボウルのセット「ネスト3」(3045円=右=)も。