本文へジャンプ
特集 温もりある作品が勢ぞろいハンドメイド品を置くショップ


ここ数年、苫小牧市内ではハンドメイド商品を展示販売するイベントが増えてきました。それに伴い、昨年から今年にかけ、自宅ショップが相次いでオープン。手づくりの温もりあふれる商品を販売するショップを紹介します。


Natural Country kuri・ri・kura(クリリクラ)
苫小牧市豊川町3丁目21-7
050-3735-3135
◎オープン/火・水・木曜日の
AM10:00?PM4:00(祝祭日は休み)、
月1回土曜日のAM10:00?PM3:00
http://kuririkura.blog.ocn.ne.jp/kuririkura
懐かしショップ トロル
苫小牧市勇払155-5
0144-56-3195
◎オープン/火・水曜日の
AM10:00?PM3:00
http://blog.livedoor.jp/troll2008/

 フリーマーケットやイベントで、手づくりの布小物を販売していた中村幸代さん(42)と八柳(やつやなぎ)枝美さん(40)の2人が今年4月、念願のショップをオープンさせた。店は中村さんの自宅の庭に建てたガーデンハウス。2人の作ったバッグやポーチ、エコクラフト、手芸小物などを置いている。
 リネンの布で作った商品が中心の店内は、寒い冬でも温もりを感じさせてくれる。11月28日には猫モチーフの布雑貨を作る「たま」さんと、布小物やエコクラフトの「fuwa fuwa(ふわふわ)」さんの商品を置いたイベントを開く。

 古いグラスや小物を集めることが好きな笹尾葉子さん(38)が、自宅2階の6畳間を改装し、昨年10月にオープンした小さなショップ。“昭和”な薫(かお)り漂う小物類と笹尾さん手づくりのバッグや
革製品、苫小牧市内や札幌の作家による委託品、手芸材料などを扱っている。
 おもちゃ箱をひっくり返したような夢いっぱいの商品がところ狭しと並び、見ているだけで時間を忘れてしまいそう。建物は、緑色の外壁と青いワンボックスカーが目印。わかりにくい場所にあるので、たどり着けなかったら、電話で問い合わせを。

handmade accessory
bambi;na おうちショップ
苫小牧市澄川町4丁目14-7
0144-61-6575
◎オープン/火・水・金、第1・3土曜日の
AM10:00?PM4:00
http://www.bbn-web.com
kids usedwear Clover Market(クローバーマーケット)
苫小牧市見山町4丁目4-6
?0144-82-8080
◎オープン/火?土曜日の
AM10:30?PM4:00(祝祭日は休み)
http://star.ap.teacup.com/clover_market/

 一昨年春からWEBショップを開き、今年6月、自宅の1階に店を構えた。店主の愁(しゅう)さん(37)が作るのは、ビーズや革、レースを使ったアクセサリーが中心。評判が良くすぐに売れた商品は、再び制作して店頭に並べ、ファンに喜ばれている。ほかに、苫小牧市内や千歳、札幌の作家による布小物、雑貨、手芸材料、紅茶などを置いている。
 愁さん自身の作品を低価格に抑えているせいか、雑貨類もリーズナブルな商品が中心。紙製のテープやスタンプセットなどは、身近に置いて愛用している人も多そう。

 2000年頃から小物を作っているというhappa(はっぱ)さん(34)が、自宅2階をショップに改装。外に付いた階段から、お店に直接上がって行ける。今年7月にオープンし、リサイクルの子ども服や手づくり小物を販売している。

 happaさんは革と布、布と毛糸といった、異素材のものを組み合わせることが大好き。カラフルな色やデティールにこだわる、遊び心いっぱいの作品が並んでいる。市内の作家による委託品は、ここでしか出合えない新人の作品が中心。自分だけのお気に入りが発見できそう。



うさぎ小屋
苫小牧市川沿町3丁目14-16
?0144-75-7213
◎オープン/月末近くの4日間の
AM10:00?PM3:00
http://www3.ocn.ne.jp/~usagi-g/

 16年ほど前、子ども服づくりからスタートした工藤知美さん(39)。いつしか木工品やアンティーク風の家具、窓枠、鉄製のインテリアなど〝大作〟を手掛けるようになった。WEBショップを展開し、制作を重視しているため、実店舗は月に4日間のみのオープンとなっている。
 道内外のイベントに広く出店し、ほかのショップと差別化を図ろうとオリジナル性を追求。卓越したセンスの商品で各地にファンを持ち、地方で知り合った人が店舗を訪れることも少なくない。
 13周年を記念した今月のオープン日は11月29日と12月2、3、4日の4日間。それが終わると実店舗は来春まで冬季休業となるので、ぜひ足を運んでみて。