本文へジャンプ

おしゃれで涼しげ!夏の和小物


 暑い毎日が続き、「少しでもさわやかな気分で過ごしたい」と思う人も多いはず。今回は、暑さを癒してくれる夏の素材とモチーフの和小物を紹介します。

日本の伝統技術で作られた
① 水うちわ(3800円)
  奈良うちわ(3080円)
手の込んだつくりの押絵
② 古布の押絵タペストリー
(6800円)
 竹骨に透明感のある和紙を貼った「水うちわ」(右)は、その名の通り、水を付けてあおいで涼をとります。「奈良うちわ」は、竹骨の両側から切り絵の柄をぴったり合わせて貼り合わせました。伝統技術を生かしていねいに作られたうちわで、和の“粋”を存分に楽しみましょう。  ホタルやアユなど夏の風物詩を、うちわの形にした押絵をあしらったタペストリー。素朴な中にもセンスが光る造形と、飾りやすい縦長デザインが魅力です。玄関やリビングにさり気なく飾りたいですね。

1本でも組み合わせでも楽しめる
③ 麻のタペストリー(5500円)
インテリアにも一役買う
④ 蚊取り線香入れ
(猫/2,000円、カエル/1,200円)
 巾10㌢、長さ170㌢の細長いタペストリーは、スリムなので飾る場所を選びません。和のモダンインテリアを演出する柄で、部屋のアクセントに1本飾ったり、数本組み合わせて部屋の仕切りのようにも使えます。
 蚊取り線香を「夏の必需品」と愛用している人も多いはず。今年はこんなかわいい容器で使ってみてはいかがですか。部屋の中にほっこりした空間が広がります。

一度は持ってみたい
⑤ 天然素材のかごバッグ
(ヤマブドウ/71,800円=左=、竹/14,800円)

まるで絵画のよう
⑥ 和風てぬぐい(1,000円~)
 ヤマブドウのツルを職人がていねいに編んで作ったバッグは、使い込むほどにツヤが出て色の深みも増すロングセラー。竹かごバッグは浴衣の季節に活躍しそうですね。  この季節に活躍する手ぬぐいは、スイカや花火などの夏柄が勢ぞろい。専用の額縁(6,800円)に入れて飾ることもでき、涼しげなインテリアとしても楽しめます。

爪の先まで夏を楽しむ
⑦ 胡粉ネイル(1,204円~)
結った髪にさりげなく
⑧ とんぼ玉のかんざし
(とんぼ玉500円~/本体600円~)
 日本画や京人形の顔料として使われてきた歴史ある天然素材「胡粉」は、ホタテの貝殻の微粉末から作られる顔料。有機溶剤を含まないので、爪に優しいマニキュアです。ポイントシール(450円)で飾れば、和の演出がさらにアップ。  約50種類あるとんぼ玉と本体(U字タイプ・棒タイプ)を組み合わせるかんざしは、夏の人気商品。
 その日のコーディネートによって交換できるよう、とんぼ玉はいくつか用意していると便利です。

食卓を涼しく演出
⑨ 津軽びいどろ盃(1,000円)
ほんの~り香る
⑩ 練り香水(左=657円、右=620円)
 夏のお酒を何倍もおいしくしてくれる、涼しげな津軽びいどろの盃です。そうめんの薬味や、ちょっとしたおつまみを入れたりと、アイディア次第で夏の暮らしを彩るアイテムです。  この季節に活躍する手ぬぐいは、スイカや花火などの夏柄が勢ぞろい。専用の額縁(6,800円)に入れて飾ることもでき、涼しげなインテリアとしても楽しめます。

バッグにおひとつ
⑪ 扇子(1,900円~)
「ほんの気持ち」を包む
⑫ 多目的ぽち袋(5枚入り/270円)
 夏のお出かけには欠かせない扇子。広げた瞬間に「おっ!」と思わせるおしゃれな扇子がいろいろそろっています。  もらった人が思わず「クスッ」と笑ってしまう、猫のイラストがかわいいぽち袋。夏に使えるバージョンのほか、「こころばかりです」「グッジョブ!!」と書かれたぽち袋もあります。

取材協力/①~⑤ 野村呉服店
     苫小牧市表町2丁目2-12 ☎(0144)32-2428

     ⑥~⑪ チャイハネ苫小牧店
     苫小牧市柳町3丁目イオンモール苫小牧店1F ☎(0144)53-5177

     ⑫ 四季物語
     苫小牧市表町3丁目2-1 CIビルⅡ2階 ☎(0144)33-8558