本文へジャンプ

こだわりが光るとっておきのパン


 「おいしいパンがそばにあれば幸せ!」という人は少なくないはず。毎日の食卓に上る定番の味や、デザートにしたくなる甘~いパンなど、いろいろな種類を食べたくなりますね。パン好きなら1度は食べてみたい、ちょっぴり特別な気分を味わえるパンを紹介します。

カボチャを練り込んだ生地に黒豆がたっぷり  リッチな味わいが口いっぱいに広がる
 Le Boulanger OZO   
苫小牧市見山町4丁目3-7 ☎(0144)73-0141
営業時間/AM8:30~PM7:00 定休日/年末年始
※1月24~2月1日、9周年感謝セール実施しています。
 洋菓子のファームソレイユ
苫小牧市新開町4丁目2-2
フリーダイヤル0120-546-440
営業時間/AM10:00~PM9:00 年中無休
▲しっとりした口当たりのKUROMAME(ハーフ/350円、1本/700円=手前=)と、風味豊かな「バゲット」(S/120円、L/270円)   ▲芳醇な味が魅力の「バターリッチ」(470円=右=)と「クルミのキャラメルデニッシュ」(250円)
 新年から登場している「KUROMAME」は、道産小麦にカボチャを加えて作った生地に、健康や美容に効果があるといわれている黒豆をたっぷり入れて焼き上げました。甘さを抑え、しっとりした口当たり。素材の味が存分に楽しめます。1~2月限定商品なので、お見逃しなく。
 低温長時間発酵して生地をじっくり熟成させ、いっそう風味豊かに生まれ変わった「バゲット」にも注目。サッとトーストして、バターやオリーブオイルで味わって。
 ケーキのほか、7~8種類が順次並ぶパンも人気商品。「バターリッチ」はその名の通り、バターをふんだんに使った食パンです。焼き上がると、さらに仕上げに上に溶かしバターを塗っています。生地にヨーグルトを混ぜることで発酵状態が良くなり、しっとりした食感に仕上がるそう。
 キャラメルと合わせたたっぷりのクルミを、発酵バターを使ったデニッシュにトッピングした「クルミのキャラメルデニッシュ」は、スイーツに負けないぜいたくな味わいです。

粒あんと生クリームの相性が抜群  パリの人気菓子店の味を引き継ぐ
 愛らんどベーカリー
苫小牧市新開町4丁目7-17 ☎(0144)52-5656
営業時間/AM9:00~PM6:00 定休日/日曜日
※2月2~28日に4周年感謝イベントを開催します。来店の度に割引率が増える「来るたびお得キャンペーン」を実施。14日午前11時~午後1時はバルーンアーティストを迎え、バルーンを無料プレゼントします。
パティスリー アリア
苫小牧市音羽町1丁目15-20 ☎(0144)37-0140
営業時間/AM10:00~PM8:00 定休日/水曜日 
▲2個目にも手が出てしまいそうな「アンクロ」(162円=右=)と「メガメロンパン」(194円)  ▲香り高い「クロワッサン」(5個350円=右=)と「ショーソン・オ・ポム」 
 プレハブの店舗から木の温もりがある現在の店舗にリニューアルし、来月で4周年を迎えます。プレハブ時代から変わらぬ人気ナンバー1を誇るのが、この「アンクロ」。クロワッサン生地に、甘さ控えめの粒あんと生クリームをたっぷり入れて焼き上げています。甘党じゃない人にも「すぐにペロリと食べられる」と評判です。
 直径約16㌢のでっかい「メガメロンパン」も、満足いく味とボリューム。食べ盛りの子どもたちのハートを射止めています。
 ケーキが並ぶガラスケースの隣に置かれている「クロワッサン」は、2012年のオープン当初、開店30分で完売したという大人気商品です。香り高い発酵バターがおいしさの秘密。店のオーナーパティシエが、かつて修業していたパリの名店のレシピを引き継いだ自慢の味です。
 アップルパイ「ショーソン・オ・ポム」は青森産のサンふじリンゴをキャラメルバターソテーし、酸味をきかせさっぱりした味わいに仕上げました。必ず手に入れたい人のために、どちらも予約を受け付けています。

人気はやっぱりクロワッサン  みんなでワイワイ5種類アソート
 パン工房 クロワッサン
苫小牧市宮前町3-13-20 ☎(0144)67-9818
営業時間/木・金・土・日曜日のAM10:30~PM4:30
(4~9月はPM5:00まで)
  boulangerie ble
苫小牧市桜木町1-21-16 ☎(0144)75-6173
営業時間/AM10:00~PM6:00 (売り切れ次第終了)
定休日/日曜日・祝祭日
 ▲「クロワッサン」から時計回りに「バターレーズン」(65円)、「グラタンパン」(165円)、「じゃがいもパン」(125円)、「ベーコンエピ」(165円)「くるみ&いちじくのライ麦パン」(195円)  ▲「アフタヌーンティーアソート」から時計回りに「チョコブレッド」(205円)、「フロランタンベリー」(185円)
 午後のティータイムや手土産などに「ちょうど良いサイズ感」と、人気を集めている「アフタヌーンティーアソート」(410円)。プティクロワッサン、プティチョコロール、チョコナッツハード、季節のフルーツデニッシュ、オレンジコンフィチュールの5種類がセットされています。昨年の秋に登場した「フロランタンベリー」(225円)も「ケーキのような味わい」と好評です。  開店時間には、常時約40種類のパンが並んでいます。全体の種類はその倍近くあるので、日によって初めて出合うパンがあるのも楽しみのひとつ。中でも店名の通り、クロワッサン(145円)が人気の中心です。開店と同時に常連客が次々と訪れるので、早い時間に行くのがおすすめです。
 店内にはイートインスペースも。この季節は温かい「具沢山スープ」(125円)と一緒に召し上がれ。スープはプラス25円(容器代)で、テイクアウトもできます。