本文へジャンプ

幸せなカフェタイムを演出パンケーキ特集


 スイーツの中でも最近特に注目されているパンケーキ。苫小牧でもカリッ、フワッとしたパンケーキをメニューに取り入れた店が続々登場しています。カフェタイムをいっそう幸せな気持ちにさせてくれる、魅力あふれる味を紹介します。

こだわりのオトナ味
ティラミス風パンケーキ(850円)
さわやかに広がるフルーティーな香り
ベリー&ベリー(600円)
カフェ&レストラン ひまわり
苫小牧市有珠の沢町5丁目20-6
☎(0144)74-8001
◎営業時間/AM11:00~PM10:00
(ラストオーダーPM9:00)
◎定休日/火曜日(祝祭日の場合は営業)
Café feel(カフェ フィール)
苫小牧市桜木町4丁目9-2
☎(0144)73-5514
◎営業時間/AM10:00~PM6:00
(ランチ=AM11:00~PM2:00)
◎定休日/日曜・月曜・祝祭日)
 生地の焼き加減や甘さに試行錯誤を繰り返し、メニューに登場させるまで4か月かかったという自信作。オーダーが集中してもベストの状態で提供できるよう、専用の銅板で1枚1枚ていねいに焼き上げています。
 コーヒーソースをはさんだパンケーキに、マスター特製の甘さを抑えたティラミス風ソースとココアパウダーを載せ、バニラアイスと軽めの生クリームを添えました。ほろ苦さと優しい甘さのバランスが絶妙です。
 パンケーキの上にたっぷり載った4種類のベリー類と生クリーム、バニラアイス。テレビや雑誌から抜け出したような王道を行くパンケーキが食べられます。
 甘酸っぱいさわやかな味わいは食後のデザートにぴったり。お友だちとシェアしても十分満足できるボリュームです。

ランチにうれしいサラダ&ポテト添え
ビーフシチューのパンケーキ
(ドリンク付き・1,200円)
 生地とトッピングの絶妙なハーモニー
キャラメラーズバナナとくるみ
  メイプルバターソース添え(800円)
カフェズダイニング OZO
苫小牧市拓勇東町4丁目2-8 
アトリエ OZO デュパン 2階
☎(0144)84-3033
◎営業時間/AM11:00~PM5:00
(ラストオーダーPM4:15)
◎定休日/月曜日、第2・3火曜日
Cafe & Dining Angera
苫小牧市明野新町2丁目23-32
☎(0144)57-5768
◎営業時間/平日=AM10:30~AM0:00
      日祝=AM11:00~PM11:00
◎年中無休
 ふわふわ食感の秘密は、生地に卵白を泡立てたメレンゲを混ぜているから。ほんのり塩味のパンケーキで、じっくり煮込んだトロトロお肉のビーフシチューとの相性もぴったりです。新鮮野菜のサラダとフライドポテトがいっそう満足度を高めます。3~4月限定メニューなのでぜひ早めにチェックを。  甘さの中にもほんのり塩味をきかせた生地に、固めに泡立てた生クリームとクルミ、半切のバナナをトッピング。バナナには砂糖を振りかけ、バーナーでキャラメリゼし仕上げました。メイプルシロップにバターを加えたまろやかなソースで、最後の一口までおいしく味わえます。+250円でドリンク付き。

香り高くほろ苦い和スイーツ
抹茶のパンケーキ(単品・850円、ドリンク付き・1,050円)
お菓子の家 ポムメリィ
苫小牧市豊川町2丁目1-9
☎(0144)75-0707
◎営業時間/AM10:30~PM7:00
(ランチタイムPM0:00~PM3:00)
◎定休日/水・木曜日
 抹茶をふんだんに使った香り高い生地に自家製の抹茶アイスとバニラアイス、そして店長の母親が手作りしたあんこを載せました。パンケーキのカリッとした食感と口いっぱいに広がる濃厚な抹茶の風味は、「ここでしか味わえない」とスイーツ好きの心をつかんでいます。添えられた黒蜜もお好みでどうぞ。サラダがセットされた「抹茶のパンケーキランチ」(1,150円)も。