本文へジャンプ

ひそかなブーム!懐かしの味 ナポリタン


 “昭和の郷愁”を誘う味、スパゲティーナポリタンがひそかなブームを見せています。口の回りを真っ赤にしながら食べる、甘めのケチャップ味が大好き!という人も多いはず。今回はそんな懐かしのナポリタンが味わえる店を紹介します。

カフェはんず 喫茶 メロディー
苫小牧市新中野町3丁目11-1
☎(0144)36-6564
営業時間/AM8:30~PM8:00
定休日/日曜日
苫小牧市しらかば町6丁目2-23
☎(0144)73-6717
営業時間/AM10:00~PM9:00
定休日/日曜日・祝祭日
 
 こちらのナポリタン(800円)はハムとベーコン、ソーセージ、タマネギ、ピーマンのほか、キノコ類やニンジン、サヤエンドウも入った具だくさん。味はもちろん「野菜もいっぱい摂れた」と満足度も高く、中高年男性にも人気です。ランチタイム(午前11時半~午後2時)にはうれしいコーヒー付き。
 モーニング(午前8時~同11時)のナポリタン(コーヒー付き630円)は、太めんをあえてゆで置いて油をからめたのを炒めたオールドタイプ。より懐古的な気分に浸れそう。
 ケチャップと自家製トマトソースを半々の割合で使っているナポリタン(スープ付き650円)は、太めのスパゲティーとの相性も抜群です。具は定番のタマネギとピーマン、ベーコンで、「こういうのが食べたかった!」というお客さんも多いそうです。ミートソースやシーフードなどがあるスパゲティーメニューの中でも、一番の人気を誇っています。

かふぇれす あゆも 定食 いぶいぶ
苫小牧市宮前町3丁目2-10 
☎(0144)68-7377
営業時間/AM10:00~PM8:00
定休日/水曜日
苫小牧市住吉町1丁目10-23
☎080-4040-1688
営業時間/AM11:00~PM3:00
     PM5:00~PM10:00
定休日/木曜日

 豚肉かシーフードかを選択できるナポリタン(650円)は、鉄板の上でジュージューと音を立てて登場。最後のひと口までアツアツを味わうことができます。
 ナポリタンの具には珍しいエリンギが入っているのも特徴のひとつ。どのメニューを注文してもパンプキンスープが付いてきます。

 大きい皿に盛られたナポリタン(サラダ、スープ付き600円)は300gとボリュームたっぷり。ベーコンとタマネギ、ピーマンの具で、味付けもケチャップのみという、「家庭の味」を追求しています。トンカツとミートソースが乗った「カツのせナポリタン」もあり、お腹いっぱい食べたい男性客に人気です。

ヴァンカム ペニーレーン
苫小牧市表町5丁目5-1 
☎(0144)36-4434
営業時間/AM11:00~PM9:30
(8:50ラストオーダー)
定休日/元日のみ
☎(0144)33-5703
営業時間/AM8:00~PM8:00
年中無休

 オープンから35年。一時はメニューから姿を消しましたが、常連客からの要望が多く10年ほど前から復活したナポリタン(630円)。
 学生の頃に通い詰めていた人が「懐かしい味」を求めて子どもや孫を連れ、さらにまた新しい学生たちにも愛され、不動の人気を誇っています。
 甘い口当たりは、ケチャップの酸味を完全に飛ばす炒め方にポイントがあるのだそう。ランチタイム(AM11:00~PM2:30)にはサラダかフルーツが付きます。

 おしゃれなパスタメニューに押され身をひそめていたナポリタン(700円)も、「やっぱりこの味」という声で再びレギュラーメニューに返り咲きました。
 自家製のトマトソースを使い、隠し味には少しのしょうゆ。コーヒーを飲みながらくつろぎ、お腹が空いたら「やっぱりナポリタンでしょう」という常連客が多いそう。
 初めてでも1人でも、静かに過ごすことができる空間。ぜひ足を運んでみて。