本文へジャンプ

アツアツを召し上がれ あんかけ焼きそば


 寒い日が続き、あったか~い料理が恋しくなりますね。ラーメンや鍋焼きうどんもいいけれど、「パリッでトロッのあんかけ焼きそばが大好き!」という人も多いのでは?野菜もたっぷり摂れて満足度の高い、苫小牧市内各店のあんかけ焼きそばを紹介します。

一楽亭
誰もが注文する看板メニュー
あんかけ焼そば
(正油味)(780円)
みどり亭
自慢のスープがおいしさの秘密
五目あんかけ焼そば
(780円)
 「当初はあんかけ焼きそばの専門店にしようと思っていました」と言うだけあって、店の看板メニューの一つになっています。定番の「正油味」(780円)と「塩味」(同)以外に「正油カレー味」(同)、「塩カレー味」(同)という珍しいメニューも。大皿にドンと盛られボリュームは満点。「大盛りで頼みたい」という人も、そのままの量で満足するはずです。  「スープが命」という中華専門のご主人が、鶏ガラと豚ガラなどから採ったスープを、ラーメンだけでなくあんかけ焼きそばにも使用。「ほかにはない味」を追求しています。
 道産小麦100%のめんでこのスープを存分に味わえる「えびラーメン」(850円)も人気を集めています。
苫小牧市末広町3丁目7-10 
☎(0144)34-7085
営業時間/AM11:00~PM3:00 
PM5:00~PM8:30
定休日/月曜日(祝祭日の場合は営業、翌日休み)
  苫小牧市拓勇西町7丁目7-20 
☎(0144)55-3104
営業時間/AM11:00~PM8:00
定休日/木曜日

中国料理 おの寺亭
しょう油味と塩味から選べる
五目あんかけ焼きそば
(820円)
中華レストラン 一代
深みのある
チャーシューダレを味わって
一代風あんかけ焼きそば
(800円)

 苫小牧で「あんかけ焼きそば」と言うと、真っ先にここの名を挙げる人が多いのでは?と思うほど根強い人気を見せています。「五目あんかけ焼きそば」(820円)と「えびあんかけ焼きそば」(同)のどちらにも、しょう油味と塩味を用意。ほかに、チンジャオロースをあんにした「細切りあんかけ焼きそば」(850円)もあります。ランチタイムには五目あんかけ焼きそば(大盛りのハーフ)とチャーハン(普通盛りのハーフ)のセット(杏仁豆腐とコーヒー付き・890円)がおすすめ。

 チャーシューを煮たタレで、チャーシューと野菜を味付けしたあんが、軽くこげ目を付けた香ばしいめんと相性よくからみます。ほかに定番の「五目あんかけ焼きそば」(800円)や「えびあんかけ焼きそば」(900円)など、4種類のあんかけをそろえています。「今日はどれにしよう?」と迷ってしまいそう。
苫小牧市日新町2丁目7-1 
☎(0144)75-2266
営業時間/AM11:00~PM2:00
PM5:00~PM8:00
定休日/月曜日
  苫小牧市春日町1丁目5-1 
☎(0144)36-7573
営業時間/AM11:30~PM2:30
     PM5:30~ラストオーダーPM8:30
定休日/月曜日

台湾専門料理 台湾飯店
別に炒めた具の上に
あんをかけるのが味の決め手
中華焼きソバ
(840円)
中国料理 蓬莱
中国からの料理長が提供する本場の味
什景炒麵
〈五目あんかけ焼きそば〉(683円)

 台湾出身の店主が心を込めて作る台湾家庭料理の店。この中華焼きソバは、パリッと香ばしく焼いた細めのめんの上に炒めた具を乗せ、最後にあんをかけているため、野菜のシャキシャキ感と甘みが生きています。添えられたザーサイは店で味付けしていて評判も高く、お土産に買って帰る人も多いそうです。

 特注で仕入れている卵入りの太めんは食感も独特で、「焼くだけで何も味付けしなくてもおいしい」と同店。具だくさんのあんとのバランスも絶妙です。中国で料理の指導をしていた料理長が、自信を持って腕を振るっているので、グループで訪れてできるだけ多くのメニューを味わいたいですね。
苫小牧市音羽町1丁目15-2 ☎(0144)36-0020
営業時間/PM5:00~PM11:00
不定休(ほぼ無休)
  苫小牧市錦町1丁目5-11 
☎(0144)34-1222
営業時間/PM5:00~PM10:00 年中無休

花まさ
味もボリュームも満足ゆく一皿
五目あんかけ焼きそば
(714円)

 直径36㎝の大皿に1・5玉のめんが盛られ、9種類の具入りのあんがかかった自慢の焼きそば。この店のお客さんなら、必ず一度は食べていると言われている人気メニューです。ラードではなく植物性油を使っているため、あっさり味でどんどん箸がすすみます。

苫小牧市柳町4丁目16-14 
☎(0144)57-8703
営業時間/AM11:00~PM2:30
PM5:00~ラストオーダーPM8:20
日・祝祭日は通し営業
定休日/月曜日(祝祭日の場合は営業、翌日休み)
第2火曜日