web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
カフェ
 白老町大町の中央通り沿いに昨年10月にオープンした小さなカフェ。デザイナーとセラピストのキャリアを持つ店主の田村尚華さん(45)が、仲間らと改修したセンスの光る店内には、ゆったりした時間を過ごそうと、多くのお客さんが訪れている。
 田村さんは東京都内のデザイン会社でグラフィックデザイナーとして勤務していた。その傍らで、アロマテラピーやリラクゼーションの技術、自然療法などを習得。転職した会社で白老町へ異動になり、2年前に移住した。町民の優しさに触れ、「いろいろな人が安心して集まれて、まちの魅力を発信できる場をつくりたい」と考え、カフェのオープンに踏み切ったという。
 食事メニューは、新鮮野菜をたっぷり使った「日替わりランチ」(1,200円)。体に優しい素材と味付けのおかず7~8種類に、自家製みそなどのみそ汁と道産米を土鍋で炊いたご飯、デザート、お茶がセットされている。
 飲み物は「無農薬栽培コーヒー」(400円)や「オーガニックティー」(同)、体が温まる効果が期待できるスパイスが入った「スパイスティー」(350円)などを用意している。
 デザイナー経験を生かし、白老町内の植物などを使った様々なクラフト作りのワークショップも企画。参加者らとの交流を深めている。スキルを持つ町民らに講師になってもらい、ワークショップを開くこともある。
 田村さんは、「みなさんが気軽に集まれて、何かをやりたい人のサポートができるようなスペースにしたい」と瞳を輝かせている。


 
戻る