web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 低刺激の化粧品などを製造販売するナチュラルサイエンス(本社・東京都、小松令以子社長)が開設した新工場「ナチュラルファクトリー北海道」内にあるカフェ。先月15日にオープンし、早くも地元住民らの憩いのスポットになっている。
 工場近くの親水公園からわき出る、倶多楽湖の「カムイワッカの水(神の水)」を使用したメニューが中心。札幌出身で、道内のホテルやケータリングの仕事でキャリアを積んだ貴田岡(きたおか)憲一シェフ(38)が腕を振るう。こだわりの上質の豆を使った「コーヒー」(350円)やイギリスの高級オーガニック紅茶(各400円=ポットで提供=)、果実のシロップで作った4種類の「湧水ビューティコーディアルドリンク」(各500円)などを提供。カフェイン不使用のコーヒーと紅茶もある。
 手づくりシフォンケーキは自社製の青汁を配合した「グリーンビューティー」や、アールグレイ紅茶と自家製レモンピールが香り高い「オーガニックティー&レモンピール」(各380円)など4種類がそろい、スイーツ好きを魅了している。
 本格窯で焼き上げるふっくらもちもち食感のピザも人気で、地元の肉厚シイタケと卵を載せた「桔梗原農園しいたけと半熟卵」(750円)や虎杖浜産たらこを使った「和風たらこ」(600円)がおすすめだ。12月よりランチ提供もスタート。実際に働くスタッフと同じ社食メニュー(平日限定)や、キッシュがメインで栄養バランスのとれたプレートランチが味わえる(ドリンク付き)。メニューの多くはテイクアウト可。
 現在は周辺環境を整備中で、来夏には広々とした公園や乗馬体験などが楽しめる「ナチュの森」がグランドオープンする。貴田岡シェフは「来春あたりまでにメニューを増やし、日曜もオープンさせて家族連れで楽しめる場にしたい」と笑顔を見せている。



 
戻る