web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 コーヒー好きが高じたという店主の渡辺絵理さんが昨年2月にオープンさせた、自家焙煎にこだわったコーヒーのテイクアウト専門店。夕張市にあるサワダ珈琲店で豆選びや自家焙煎のノウハウを学び、現在は常時20種類以上のコーヒー豆を取り扱う。
 豆の販売価格は100g400~620円。カップに乗せるだけで手軽に自宅で挽きたての味が楽しめるドリップパック(1個100円)も人気だ。
 テイクアウトはコーヒーが苦手な人向けに紅茶類やココアなども用意し、30種類を超えるメニューをそろえている。それぞれホットとアイスがあり、Sサイズ(200~220円)とMサイズ(250~300円)から選ぶ。
 注文を受けてから豆を挽き、ていねいにハンドドリップでいれるコーヒーは、味わう前から香りも楽しめる。1番のおすすめは、上質なコクと苦みを兼ね備えた「シエスタブレンド」。アイス用に合う豆を使った「カフェラテ」や「カフェオレ」も人気が高い。嫁の和江さんの手作りする「シフォンケーキ」(150円)や「チョコブラウニー」(180円)などの焼き菓子類も好評。敷地内にはキャンピングカーを改装した休憩スペースもあり、天気の良い日は店舗前でもコーヒーとお菓子を楽しめる。
 4月30日からはご主人の好幸さんの協力で移動販売も開始した。「今後はイベントなどに参加してシエスタのコーヒーの魅力をたくさんの人に知ってもらいたい」と張り切っている。移動販売の情報はフェイスブックでチェックを。

 
戻る