web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市大成町の住宅街に、今年5月にオープンした本格的インド料理店。店長のサポコタ・シバ・プロサード店長(33)は5年前にネパールから来日し、東京や京都、名古屋、札幌などのカレー店で勤務した。北海道の情報誌で、札幌インドカレー部門の1位に輝いた人気店に昨年まで勤務。その頃に知り合った西川美紀さん(57)が、シバ店長の腕前に惚れ込んだ。シバ店長の「ネパールと似ている北海道で自分の店を持ちたい」という思いを聞いて西川さんがオーナーになり、苫小牧で店を構えたという。
 カレーには13種類のスパイスを使用。世界各国で料理人をしているというシバ店長の親族だけが使っている秘伝の調合が自慢だ。
 一番人気は、好きなカレー1種とチーズナン、サラダ、パパド(ピリ辛の豆せんべい)、1ドリンクがセットされた「チーズナンセット」(1,200円)。チーズたっぷりでほんのり甘い焼きたてのナンが、スパイシーなカレーとぴったり合う。カレーの辛さは5段階から選べる。
 女性には、好きなカレー1種とナン、ライス、サラダ、パパド、シークカバブ(インド風つくね)、1ドリンク、デザートも付いた「レディースセット」(1,200円)が好評だ。ランチタイムのセットは1,000円から各種用意している。
 アルコール類も豊富で、「インドビール」(550円)や「ネパールビール」(500円)、ネパールのラム酒「ククリラム」(グラス500円)などリーズナブルな料金でそろえている。
 シバ店長は「苫小牧市民の方たちと文化交流もできる場にしたい。ぜひ気軽に寄ってほしい」と話している。


 
戻る