web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
おかずバル one's kitchen
 ホッと安心できるような家庭料理が味わえる店として、苫小牧市錦町の飲食店街に2017年11月にオープンした。店主の齊藤ルミさん(50)が手間ひまかけて作った数々の料理の評判は口コミで広がり、女性客をはじめ単身赴任の会社員、観光客など幅広く訪れている。
 カウンターには煮物や炒め物などの「おばんざい」(日常のお惣菜)が常に4、5品並んでいる。好きなおばんざい3点盛りと飲み物が2杯付いたお得な「晩酌セット」(1,280円)は、入るとすぐに注文したくなるメニューだ。
 揚げ物や焼き物、ご飯ものなどバラエティに富んだメニューの中、この店の一番人気は何と言っても、ミートソーススパゲティーに大きなトンカツが載った「スパカツ」(850円)。熱い鉄皿で運ばれて来るので、最後のひと口までアツアツのまま楽しめる。
 ホワイトソースとミートソースが層になった「ラザニア」(820円)、スキレットに入れてトースターでフワフワに焼き上げた「だし卵」(450円)もおすすめ。冬期間の限定メニューとしてひとり鍋の「海鮮鍋」(880円)や「みそホルモン鍋」(800円)、「湯豆腐」(500円)なども好評だ。
 飲み物は「ハートランド樽詰生ビール」(550円)をはじめ「日本酒」(各種400円)、「焼酎」(各種400~420円)、「果実酒」(各種420円)などをそろえている。
 新型コロナウイルスの影響を受け、昨春からはテイクアウトも始めた。昼の引き渡しは前日までの予約、営業時間内での引き渡しは当日予約でも受け付けている。齊藤さんは「家に帰って来たようなくつろいだ気持ちで過ごしてもらえたら」と笑顔で話している。

※価格はすべて税抜き表示です


 
戻る