web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市白金町の住宅街にはためく「カレーライス」ののぼりが目を引くカレー専門店。店主の葛西彩子さんが一昨年1月に知人から店を譲り受け、人気の辛口カレーのレシピを引き継いだ。カウンター5席と5人ほどが座れる小上がり1つの小ぢんまりした店内には、ルーカレー好きな人たちが多く集まっている。
 自慢のカレーはタマネギをじっくり炒め、ターメリックやコリアンダーなど20種類のスパイスを使って生み出すスパイシーでコクが豊かな味。当初は辛口だけだったが、葛西さんが引き継いだ後に「子どもも食べやすいように」と甘口も仲間入りさせた。空知管内由仁町産の減農薬栽培の米を使うなど、安心・安全な食材にこだわっている。
 メニューは鶏の手羽元2本が入った一番人気の「絆家カレー」(700円)と魚介のうまみが生きた「海カレー」(800円)、合いびき肉を手ごねした「ハンバーグカレー」(900円=1日10食=)、生卵を載せたっぷりのチーズをかけてオーブンで焼く「カレードリア」(900円)の4種類。辛さに加え深みのある味わいに、「やみつきになる」と言う常連客も多い。「目玉焼き」(100円)、「チキン」(同)、「チーズ」(200円)のトッピングも人気だ。
 レトロなインテリアに囲まれた店内は居心地が良く、葛西さんの親しみやすい人柄にもひかれ、1人で来店する人も少なくない。「カレーを味わってゆったりした気分で過ごしてもらえたら」と話している。

 
戻る