web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市澄川町3の澄川中央通沿いに、今年3月にしらかば町から移転した。11月で10周年を迎え、より充実したメニューと居心地の良い雰囲気で多くのファンの心をつかんでいる。
 オーナーシェフの山田泉さん(47)は、「家族や仲間で『ごちそう感のある料理』を気軽に楽しんでほしい」と話す。メニューは開店当時の看板メニューだったオムライスやパスタのほか、グラタン、リゾット、肉料理、魚料理とバラエティー豊かに用意している。今の季節、「ビーフシチュウ」(1,800円)や「牛100%ハンバーグ・チーズのせトマトソース」(1,400円)などが人気だという。ランチタイムにはメイン料理に+400円で、前菜風サラダと自家製パン、ドリンクが付く「ランチさらだセット」も注文できる。
 同じ素材をアレンジの違う調理法やソースでまったく別のメニューに作り上げているのも、山田さんの腕が光るところ。鶏モモ肉のグリルは「ガーリックとローズマリー」(1,400円)、または「キノコとマスタードクリーム」(1,600円)で提供。カジキマグロは「チーズパン粉トマトソース」(1,400円)か「ブイヤベース」(大皿・3,500円)、「アクアパッツァ」(同・3,000円)と展開している。 
 グランドメニューだけでなく、店内の大きな黒板にも注目を。仕入れによって変わる、アイディアを凝らしたメニューが並んでいる。「オニオングラタンスープ」(500円)や、「焼きパプリカのマリネ」(400円)など、気軽に加えられるサイドメニューも見逃せない。
 「中華料理店のように、数種類のアラカルトを取り分けていろいろな料理を味わってもらえれば」と山田さん。「気取らずおいしい料理を楽しんでほしい」と話している。パーティープランは4人以上、料理のみ1人3,000円から用意する(要予約)。新年会にぜひ利用してみて。


 
戻る