web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 白老町竹浦の国道36号線沿い、はしもと珈琲館・陶芸館の敷地内に6月1日オープンした。地元の海産物をはじめ、白老牛のハンバーグや焼き菓子などを販売し、地域住民や観光客らが多く訪れている。
 代表の太田由紀子さんは、虎杖浜竹浦連合会の事業で白老のギフト商品「こじょうはまの恵み」を担当していた。その経験を生かし、「白老の特産品やアイヌ文化などを発信し続けたい」と店舗開設に踏み切ったという。
 約23㎡の店内には、「サケの切り身」や「いくら醤油漬け」といった海産物や加工品、「ビーフハンバーグ」、通所授産施設フロンティアの「有精卵」や焼き菓子などが並んでいる。また、2020年の国立アイヌ博物館誕生に向け、「多くの人にアイヌ文化を知ってほしい」とアイヌ文様の刺しゅうを施したコースターや、アイヌ民族が愛飲している野草茶「エント茶」もそろえた。商品は地方発送も承っている。
 ほかに、自分でコーンに巻いて作る体験ができる「ソフトクリーム」(バニラ、抹茶、チョコ、イチゴ、あずき)もドライブ客に人気。太田さんは「白老にはまだまだ知られていない魅力がたくさんあります。全国の人に発信していければ」と話している。
 
戻る