web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
Calendula
 オーナーの宇佐見成美さんは2016年から3年間、白老町の地域おこし協力隊として活動。2018年に知人から元々農場だったこの場所を案内され、「一目で心をわしづかみにされました」と振り返る。「ここでカフェを開きたい」という一心で、家財道具が残ったままだった古民家を片づけてリフォームし、2019年3月にオープンした。
 ランチメニューは、「白老牛ビーフシチュー」(ライス・サラダ・デザート付き1,000円)と「白老牛ビーフカレー」(サラダ・デザート付き800円)、くり抜いたパンの中にビーフシチューを詰めた「白老牛ビーフシチューパン」(単品600円、ドリンクセット800円、サラダ・デザートセット1,000円)に「日替わりランチ」(950円・ドリンクセット1,100円)の4種類。
 このほか、子どもやお年寄り向けに「おにぎりセット」(おかず、みそ汁付き580円)などの軽食メニュー3種類と、ケーキと飲み物をセットにしたスイーツメニュー3種類(各600円)を用意している。
 庭の木でエサをついばむシマエナガやアカゲラなどの野鳥を眺めながら食事やお茶を楽しんでいると、時間が経つのを忘れてしまいそう。テレビや雑誌などでもその魅力が取り上げられ、料理や野鳥を目当てに多くの人たちが道内各地から立ち寄っている。
 窓からの風景が真っ白な雪景色から草木が芽吹く季節へと移り、7月頃には店名の由来にもなったカレンデュラの花畑が見ごろになる。季節や天候で表情が変わる景色を、1つでも多く楽しみたいと思わせる魅力のカフェだ。



 
戻る