web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 明野新町の「カフェ&ダイニング アンジェラ」、海の駅ぷらっとみなと市場内の「リトルアンジェラ」の姉妹店として、2009年12月にオープンした。ヨーロッパ風のおしゃれな造りのカフェは居心地も良く、多くの常連さんや観光客らでにぎわっている。三浦美香店長は「食事やお茶を楽しみながら、ゆっくりくつろいでもらえれば」と笑顔で話す。
 パスタをはじめ、カレー、ドリア、オムライス、スイーツなど豊富なメニューが並ぶ。パスタは22種類あり、塩味の「ベーコンとモッツアレラ」や、魚介をふんだんに使った「ペスカトーレ」(1,300円)などが人気。ほかにも、「きのこソースのオムライス」(1,100円)、B1とんちゃんを使った「ポークジンジャー丼」(スープ付き・1,190円)などこだわりのメニューが並び、何を注文しようか迷ってしまいそう。
 ランチタイムにはドリンクまたはデザートが付いた「ランチパスタ」(980円)と、和食か洋食を選べる「プレートランチ」(同)=いずれも週替わり=が好評だ。また、昨年
3月にデビューした「苫小牧ホッキやきそば」(980円)は、男性客にも人気のメニュー。ホッキの身をまるごと1個使い、ニンニクとトウガラシをベースにしたペペロンチーノ味で、添えられた和風カレールウを加えれば、“1皿で2度おいしい”味わいを楽しめる。
 スイーツ好きにおすすめなのは、何と言っても「パンケーキ」(880~980円)。昨年12月から、粉の配合を道産小麦と小樽・田中酒造の米粉に変え、もちもちした食感になった。特に期間限定の「スイートポテトのパンケーキ」(980円)が自信作という。店内には、三浦店長が選び抜いて仕入れた雑貨類のコーナーもあり、眺めていると料理の待ち時間もあっという間に過ぎて行く。
 「道産小麦やB1とんちゃんを使うなど『地産地消』にも取り組んでいきたい」と三浦店長。新たなメニュー展開も期待されるこの店に、今後も注目していきたい。

 
戻る