web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市美園町の住宅街に2012年3月にオープンしたイタリアンレストラン。1966年から43年間営業していた銭湯「美園湯」を改装して誕生した。本格派の味が楽しめる店と評判を呼び、多くのファンが訪れている。
 オーナーシェフは、美園湯の長男・酒井幸洋さん(42)。子どもの頃から料理に興味を持ち、大阪の調理師専門学校へ進んだ。卒業後は大阪や札幌、富良野などのホテルやレストランで腕を磨き、念願の店を構えたという。
 「地産地消はもちろん、その季節に最もおいしい食材を選ぶ“旬産旬消”にこだわっています」。また、夏はこまめに換気をするほか、冬には床暖房を入れ、お客さんが快適に食事ができるよう環境づくりにも気を配っている。
 人気のランチは、サラダまたはスープと3種類の中から選べる本日のパスタ、自家製パン、自家製デザート、ドリンクが付いた「Aランチ」(1,300円)。ディナーは日替わりで前菜、サラダ、パスタ、メインなどのアラカルトをそろえている。「何を注文したらいいかわからない」という人には、予約なしでもコースがおトクに楽しめる「ディナーセット」(1人2,800円=注文は2人以上=)がおすすめ。
 ほかに、2人以上要予約の「3,500円コース」、「マスターおまかせコース」(4,500円)も。8~20人用の宴会プランは、飲み放題付き5,000円。12月23~25日は各日5組限定の「クリスマスディナー」(5,300円)を実施し、現在予約を受付中だ。
 「お客さまを100%の力でおもてなししたいので、ぜひお席だけでも予約してもらえれば」と酒井さん。年末年始には大切な人と一緒に、本格派のイタリアンを楽しんでみては。



 
戻る