web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 2006年9月に音羽町でオープンし、現在の店舗に移転して5年目を迎える。小沼美千子さん(42)が腕をふるって手作りする家庭的な味付けが、会社員や近隣住民らの心をつかんでいる。
 メニューは肉料理と魚料理のどちらも用意し、「何を注文してもハズレがない」と評判。ランチタイムは「日替わりランチ」(700円)のほか、「サーモンのハラス焼定食」(850円)、「レバニラ炒め定食」(800円)、「からあげ定食」(同)などが人気で、すべてに小鉢3品が付いているのもうれしい。
 夜は、「生ビール」(小400円、中500円)や「サワー各種」(380円)、「日本酒」(500円)などのアルコール類が登場。ランチタイムの定食を単品にしたメニューをはじめ、「砂肝のピリ辛鉄板のせ」(680円)や「手羽焼」(3本450円)といった居酒屋メニューが並ぶ。どれもプラス300円で定食にしてくれる。午後8時までは、ドリンク2杯と枝豆、冷奴、その日の1品に、からあげまたは手作りギョーザまたはその日の焼魚から1品選べるおトクな「晩酌セット」(1,000円)がおすすめだ。
 「おいしかったよ」とお客さんから声を掛けられることが多いが、小沼さんは「それよりも、『居心地がいい』『ホッとする店』と言ってもらえるのがうれしい」と笑顔を見せる。家庭的な料理と心遣いで、「また行きたい」と思わせてくれる1軒だ。


 
戻る