TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 パン・ケーキ・お菓子 その他

 苫小牧市日新町で15年店を構えた「天ぷら 天舟」が昨年4月8日、錦町のすずらん通り沿いに移転オープンした。代表・船越哲治(てつじ)さん(51)が「旬を揚げる、こころをあげる」をモットーに、季節の新鮮な素材を使った天ぷらや一品料理を、心をこめて提供している。
 生でも食べられる新鮮な素材を、常に新しい衣と油を使って揚げる天ぷらは格別の味わい。人気は、魚介5種類と野菜5種類を盛り合わせた「おまかせ天ぷら」(2,000円)。職人技の揚げたて天ぷらを心ゆくまで堪能できる。天つゆもいいけれど、抹茶塩で味わうのも“粋”だ。
 ご飯ものでは定番の「天丼」(1,000円)はもちろん、「絶品!」と評判も高いサクサクのかき揚げを乗せた「掻き揚げ天丼」(1200円)もおすすめ。
 一品料理も「厚真産放牧豚の網焼き」(850円)、「厚真産桜姫鶏のから揚げ」(700円)、「魚介の生春巻」(1,000円)など充実している。デザートの「アイスクリームの天ぷら」(450円)もぜひお試しを。夏季には活うなぎの蒲焼きやうな重も登場するので、こちらも楽しみだ。
 ランチタイムでは「天丼」(750円)、「天ぷら定食」(950円)のほか、「掻き揚げ天丼と鴨ラーメンのセット」(840円)も大人気。
 2階には25人収容の宴会場も。コース料理は3,500円から承っている。プラス1,500円で飲み放題。職人技の天ぷらを気軽に味わえる、大切な人に教えたくなる1軒だ。

▲旬の食材をカラッと揚げた「おまかせ天ぷら」 ▲ランチタイムで一番人気の「掻き揚げ天丼と鴨ラーメンのセット」