web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
かき小屋
 苫小牧港勇払マリーナ(勇払376)の指定管理者「ベルポート北海道」が運営する、新鮮カキを味わえる店。ベルポート北海道は、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた地域の水産業を支援しようと、東北のカキやホタテの販売を開始した。客からの「新鮮な貝をその場で食べたい」という声に応え、16年に同マリーナ内に「貝賊 牡蠣屋(かいぞく かきや)」をオープン。17年に現在の店舗へ移転した。北海道産や宮城県産を筆頭に、その時期の旬の地域から仕入れる産地直送のカキは、多い時で7か所に上るという。
 1番人気の食べ方は何と言っても、大きな缶の中に豪快にカキを並べて酒蒸しにした「ガンガン焼き」(1個150円~)。宮澤友希子店長は、「食べ比べを楽しみにしている常連のお客さまは、事前に入荷する産地の確認をしてくださるほどなんですよ、1個から食べられるので遠慮なくどうぞ!」と笑顔で話す。
 また、宮澤店長のおい・裕樹さんは北海道コンサドーレ札幌のキャプテンを務めており、店を上げて同チームを応援。店内に飾られたユニフォームや応援旗を一目見ようと、サポーターたちが各地から立ち寄っている。
 最近ではキャンプブームも手伝って、アウトドアで楽しむための持ち帰りも増え、ガンガン焼きに使う缶(1,200円)を購入する人も。
 この時期は三重県名産のカキ「桃こまち」が期間限定で入荷予定。チャンスを逃さずにぜひ、味わってみて。
※勇払マリーナでは炭火焼き食べ比べイベント「勇払マリーナ牡蠣フェス」を3月まで月1回開催中。2月は22、23日。3月は21、22日。午前11時~午後3時(最終受付午後2時半)。問い合わせは同マリーナ(☎︎0144-56-4771)へ。
※価格はすべて税抜き表示です。

 
戻る