web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市弥生町の市営住宅の1階に2013年1月にオープン。清潔感あふれる店内は、会社員やカップルのほか、女性の“おひとり様”などでにぎわっている。
 代表の尾形正博さん(30)は、伊達市内のラーメン店などで修業を積み、ラーメン作りのノウハウを身に付け開業した。豚のゲンコツとアバラ、雑骨(肩甲骨)をていねいに下処理しじっくり煮込んで作ったスープは、豚骨特有のにおいがないのが特徴。保存料や着色料などを使わない麺に野菜もたっぷりトッピングされているので、ヘルシーさも魅力だ。
 「味噌」(750円)、「塩」(730円)、「醤油」(同)のほか、人気は味噌ダレに数種類の香辛料を加えた「もも辛メン」(880円)。辛さが8段階あり、1~4番は880円で5~8番は100円アップする。尾形さんのおすすめは2番だが、風味豊かな辛さに魅了され「7番ばかり注文するお客さまもいらっしゃるんですよ」と話している。
 4月18日からは醤油ダレを薫製(くんせい)にした「薫製しょうゆ」(880円)が仲間入りした。いぶしと熟成を3日間繰り返して完成させる自家製の薫製しょうゆは、スモークの香りがスープをいっそう引き立て、どこにもない味の一杯です」と胸を張る。1か月以上も試行錯誤を繰り返して作り出した味に、早くもリピーターが後を絶たない。1日10食限定。
 ほかにスパイシーな「カレーラーメン」(750円)や、ピリ辛トマト味とチーズが絶妙な味わいの「トマチリ麺」(880円)もおすすめ。
 「化学調味料もほとんど使わず、主に野菜や果物でうま味を付ける当店のラーメンは健康食だと思っています」と笑顔を見せる尾形さん。「何度も来たくなるような店を目指したい」と話している。

 
戻る