web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 大成町で1996年にオープンした「喜多屋食堂」は、しらかば町、澄川町へ移転し昨年3月、現在の場所で営業していた「呑菜とんとことん」と合体。昼は食堂、夜は居酒屋という、2つの顔を持つ店になった。居酒屋の時間帯にも昼のメニューが楽しめるとあって、家族連れも多く訪れている。
 昼はラーメンを中心に「あんかけやきそば」(780
円)や「チャーハン」(650円)などを提供。中でも、今年の春から登場した新メニュー「こくみそラーメン」(880円)=写真=はリピーターの多い1品となっている。
 味はキムチベースに、同店の特製みそと厚真産のおふくろみそをブレンド。「辛いのが苦手」という人でも食べられるまろやかな味わいと、ぜいたくに盛りつけられた角煮のようなトロトロのチャーシューが人気の秘密だ。
 居酒屋では「豚串」や「鶏串」(2本300円~)などの焼き物のほか、「エビのチリソース」(900円)などの中華メニューが豊富。飲みたい人も食べたい人も満足できるお店にぜひ、足を運んでみて。
 出前エリアは苫小牧市糸井・小糸井・有明・川沿・日新・桜木・柏木・豊川・しらかば・永福・日吉・光洋で、1,200円以上で受け付けている。詳しいメニューや料金についてはお問い合わせを。

 
戻る