web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
あんかけ焼きそば専門店 一楽亭
 道央道沼ノ端西インターのほど近く、明野南通沿いにあるあんかけ焼きそば専門店。苫小牧市内のホテルや白老町内の温泉施設で腕を振るってきた料理人の菅崎卓也さん(52)と妻の弘美さん(47)が2人で切り盛りする。2010年に末広町で開店し、5年前に現在の場所に移転した。
 看板メニューのあんかけ焼きそばは、注文を受けてからあんを1人前ずつていねいに作るのがこだわり。エビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、きくらげなど具だくさんで、素材それぞれの食感やうまみが味わえるだけでなく、栄養バランスも良さそう。表面をカリッと焼き上げたもちもちの麺の歯ごたえもファンの心をつかんで離さない。一番人気の「正油味」、あっさりして食べやすい「塩味」の定番2品のほかに「正油カレー味」と「塩カレー味」、「チンジャオロースあんかけ焼きそば」(いずれも中華スープ付き890円)もファンが多いという。かなりボリュームがあるため「男の人でもあんかけ焼きそば1品でお腹いっぱいと言って帰ってくれます」と菅崎さん。少食の人にはハーフサイズ(各830円)も用意している。同じあんを使った中華丼(各種890円)もおすすめだ。
 明るく広々とした店内にはカウンターと小上がり、テーブルの席があり、幅広い客層に対応している。菅崎さん1人で調理するため、混雑時は提供までに時間がかかることも。時間に余裕を持って来店したい。

 
戻る