web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
むぎぜん
 苫小牧市内で長年営んで来たこの店の味を、常連客だった九十九まさみさん(37)が一昨年12月に引き継いだ。「変わらぬ味」を守り続けている中、昔ながらの常連客のほか、新たに若いファンたちも通うようになったという。
 若者客が多くなったのは、店のフェイスブックをスタートさせたのがきっかけ。九十九さんがお客さんへのサプライズでハート型や星型のお好み焼きを焼いている写真をアップし、「かわいい」と反響を受けた。さらに、メニューにもんじゃ焼きもあることも広く知られ、客足が伸びたという。
 「長年愛されてきた味を守りながら、その中で新しいメニューにも挑戦していきたい」という九十九さんが現在イチ押しのメニューは、お好み焼きの「豚キムチ玉」(880円)と、「麻婆もんじゃ」(1,000円)。
 どちらもご飯のおかずのように聞こえるが、これが「粉もの」に合うと好評。「どう組み合わせて、どんな風に焼くか」を見極めた自慢の味が、訪れる人の胃袋をガッチリつかんでいる。
 また、最近登場したばかりの「麩(ふ)」のトッピング(+100円)もおすすめ。味付けした麩をお好み焼きのタネに混ぜて焼くとフワフワ感が増し、その食感はクセになると評判だ。こちらもぜひ、試してみて。
お店の詳しい情報はフェイスブック
(https://ja-jp.facebook.com/pages/味の鉄砲/283875791703141)でチェックを。

 
戻る