web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
味の大王 総本店
 1965年に創業した苫小牧でも老舗のラーメン専門店。まちのソウルフードとして名高い「カレーラーメン」発祥の店として知られている。4月からは土・日、祝日のみ、朝8時にオープンする今季の「朝ラー」もスタートし、地域住民やドライバーらに喜ばれている。
 スープは豚の頭と豚骨、鶏のモミジ(足の部位)などをじっくり煮込んで作る自慢の味。一番人気は何と言っても「元祖カレーラーメン」(850円)。自慢のスープに10数種類の香辛料や果物を練り込んだカレーペーストを混ぜ合わせ、うま味と辛さを絶妙にマッチさせた味は、季節を問わず多くのファンをとりこにしている。高橋浩一社長(54)によると、「来店客の約9割が注文する」という驚きの人気ぶりだ。
 この春からは、厚切りチャーシューと自家製ラー油をあえたネギをトッピングした「悪魔叉焼伽哩拉麺(あくまチャーシューカレーラーメン)」(1,580円)や、苫小牧産エゾシカ肉で作ったオリジナルハンバーグを載せたカレーライスとミニラーメンを一緒に楽しめる「シカバーグカレーライスセット」(1,100円)も新登場した。シカバーグカレーに使うカレールーは、カレーラーメンとスパイスの配合などを変えているので、ミニラーメンもカレーを選ぶお客さんが多いそう。
 テイクアウトしたり飲食配達サービスの「リアッタイーツ」に宅配を注文できる冷凍麵も用意。自宅のガスコンロや電子レンジで温めるだけで、店と変わらない味が楽しめる。「店内には9台の換気扇をはじめ消毒用アルコールやパーテーションなどを設置しています。混み合ってる時には、お席が用意できるまで車の中で待ち時間を過ごしてもらうこともできますよ」と最大限の感染対策を講じている。高橋さんは、「スタミナたっぷりのラーメンで、ウイルスに負けない免疫力をつけてほしい」と話している。
★昨年も発売し好評だった「全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン」(希望小売価格220円=税抜き=)が、6月14日からエースコック(東京)より北海道限定で再発売されます。お楽しみに。


 
戻る