web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 筋ジストロフィーの一種、せき髄性進行性筋萎縮症と闘う長谷川丈生さん(42)が経営する雑貨店。昨年末より長谷川さんがデザインしたオリジナル商品のとまチョップグッズを中心に販売していたが、様々な商品を扱う総合生活雑貨の店として5月21日にリニューアルオープンした。
 「苫小牧には自分のように、身体にハンディがある人が働ける会社がない」と考えた長谷川さんが、「それなら自分で事業を興して経済的な自立を計ろう」と決意。本格的な雑貨店の開設を目指し、約5か月間かけてインターネットなどで全国から話題の雑貨を買い付けたという。
 店内には服やファッション小物、加工食品、文房具、入浴剤など豊富な種類の雑貨が並ぶ。猫グッズやアーミージャケット、曲げわっぱ弁当箱などの“掘り出し物”も。「厳選して買い付けたこだわりの品ばかり。一点物も多いので、度々足を運んでもらえたら」と呼び掛けている。リーズナブルな価格の商品が中心なのもうれしい。従来通り、とまチョップのオリジナル商品も販売している。
 「今後も年代や性別を問わず、多くの人に楽しんでもらえる商品をそろえたい」と長谷川さん。「ぜひ気軽に来店してほしい」と話している。店舗の運営は当面、長谷川さんを支えるボランティアが中心で、長谷川さんも不定期に店番を行っている。