web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 「ぷらっとみなと市場」のB棟を入ってすぐ右手にある青果店。駅前の「朝市」で店を構えていた頃から数えると、約80年も続く老舗の店だ。信頼おける産地の新鮮な野菜や果物を扱い、長年のファンも多い。
 キャベツやトマト、キュウリなどおなじみの野菜が並ぶ中、3代目の店長・高橋ますみさん(46)が4年前から仕入れている珍しい野菜に注目が集まっている。カリフラワーの一種「ロマネスコ」やビタミンや鉄分を含む「ビーツ」、ハーブとしても知られる「フェンネル」などの西洋野菜に加え、小さいサイズのニンジンやダイコンなど「ミニ根菜」など、目にも楽しい品ぞろえを誇る。見た目はもちろん、食感の良さや栄養価が高いのも魅力。
 高橋さんは「野菜が苦手だった人が、奥さんと一緒に買い物に来てくれるようになったんですよ」と笑顔で話す。週末にはリピーターが多く訪れ、売り切れになることも少なくないという。
 高橋さんの手書きによる野菜の説明も添えているので、初めて買う人にも安心だ。野菜を果物のようにかわいらしくカゴに詰めたミニギフトも好評。
 今春には野菜ソムリエの資格も取得した。「いろいろな珍しい野菜を好きになってもらい、お母さんが楽しく食事の支度をして家族みんなで笑顔で食卓を囲んでもらえたら」と瞳を輝かせている。