web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
いせ精肉店
 2004年から肉の卸売りの仕事を始めた代表の伊瀬元宏さん。「スーパーとひと味違う商品を、家庭の食卓にお届けしたい」と考え、今年4月に現在の対面販売の店舗を構えた。苫小牧市の西部地区にはなかった専門店とあってすぐに評判は広まり、開店時間早々に来店するリピーターも多いという。
 店内には家庭で多く使われる豚ロースやバラ、焼肉店に卸すものと同じ牛タンやカルビ、ハラミなど、平均30種類の肉が並んでいる。バーベキューの季節には、1本1本手作業で刺している「豚串」(10本入り680円)や「とり串」(同)、「つくね豚バラ巻き」(5本入り400円)なども用意し、週末はあっという間に売り切れる人気ぶりだ。
 肉を選んでいると、お惣菜コーナーの食欲をそそる匂いに誘われ、ついつい手が伸びる人も少なくない。人気ナンバーワンの「あらびきメンチかつ」(1個108円)をはじめ、「肉じゃがコロッケ」(同)、「ヒレかつサンド」(1パック450円)など約10種類を店内で手作り。化学調味料や保存料などの添加物を使わず、子どもからお年寄りまで安心して食べられるお惣菜を提供している。
 「バーベキューや鍋料理など、これからも季節に応じた商品展開をしていきたい」と伊瀬代表。自宅で本格的な肉料理が楽しめる品ぞろえ。ぜひ一度足を運んでみて。