TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 パン・ケーキ・お菓子 その他
 2002年に「苫小牧市の貝」として制定されたホッキ貝を使い、「ホッキと苫小牧を広く知ってもらえるメニューを」と濱田美代子代表が考えたのが、ホッキを使った炊き込みご飯。貝殻を器に見立ててご飯を詰め、苫小牧オートリゾートアルテンで行われた「たるまえサンフェスティバル」で試作販売してみたところ、あっと言う間に完売したという。
 「これならホッキのおいしさを知ってもらえる」と、2004年に店をオープンさせた。各地の物産展やうまいもの市などのイベントに積極的に参加すると、たちまち「苫小牧のホッキごはん」は道内外に広まったという。
来店する人のほとんどは、冷凍で全国各地に発送できるギフト用の注文に訪れる。贈られた人がリピーターとなって直接注文することも多いそう。
 ギフトセットは「貝ごはん4個セット」(2500円・送料別)や「貝ごはん6個とごはんの素2個セット」(6450円・同)などで、用途によって組み合わせも替えてくれる。
 今日と明日は「たるまえサンフェスティバル」で販売。また、今月16日から10月2日まで札幌・大通公園4~8丁目で開催される「さっぽろオータムフェスト」でも、期間中の22日から26日まで出店する予定だ。ぜひ、足を運んでみて。