web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
colpo cotto
 昨年11月にオープンした、革小物とレザークラフト副資材のお店。子どもの頃から自分で何かを作るということが大好きで、「漠然とですが、いつか自分のお店を持ちたいと考えていました」とオーナーの宇佐美琴子さん(29)は振り返る。
 市内の中学校を卒業後は迷わず札幌の服飾専門学校へ進学。「20.5センチの私の足に合う好みの靴を作りたい」と思い、卒業後の進路は靴の専門学校へと決めた。ものづくりを6年間学んだ後は、靴の工房や革製品を修理する店などで働き、さらに細かい技術や知識を身に付けた。
 夢を実現させたこの店には工房と、自作のポシェットやポーチなどを販売するスペースが併設されている。「すべてここで作られた1点もの」という特別感が、訪れる人をワクワクさせてくれる。
現在はオーダーメイドが中心。中には愛用のバッグを持参して「ここにポケットが欲しい」「もう少し大きいサイズにしたい」という人も来店するという。「使い勝手は人それぞれ違い、自分では思いつかないこともあって面白いです」とやりがいを語る。
 インスタグラムには完成したバッグや財布、メガネケースなどを多数紹介。まめにチェックをしていると、欲しかったものに出合えるかも。