TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 その他
 苫小牧市三光町の明野北通沿いに、7月10日にオープンした。新開町で店を構え約14年経つ人気店「洋菓子のファームソレイユ」の姉妹店。自家製ジェラートアイスを中心にケーキや焼き菓子をそろえ、スイーツ好きな市民らが通い詰めている。
 代表取締役の本田泰司さんが、神戸での修業から数年前に戻った息子さんの圭克(よしかつ)さんと「何か新しいことを始めたい」と考え、自家製のジェラートの店を作ることを決めたという。
 ファームソレイユでは長年、近郊の生産者らから新鮮な果物や野菜などをケーキ作りのために仕入れており、ジェラートにもそれらの素材を存分に活用。本田さんは「香料などに頼らず、すべてこだわりの素材をふんだんに使った味わいです」と胸を張る。
 店内のショーケースには、「バニラ」をはじめ「いちご」「フランボワーズ」「抹茶」「ヘーゼルナッツ」など、16種類のジェラート(デュオ=2種類=コーン/390円、カップ/360円、トリオ=3種類=カップ420円)がずらりと並ぶ。何度も通って、全種類味わった人も少なくないそう。
 ほかに、ジェラートを使った冷たいお菓子「アントルメグラッセ」、Soleil Solaireオリジナルの新作ケーキなども人気だ。
 2階はカフェスペースで、カウンター席では1階で購入したジェラートをイートインできる。カフェメニューは「ブレンドコーヒー」(410円)や「ストレートティー」(450円)のほか、各種「パフェ」(900円)=写真=などを提供している。
 美しく盛られたパフェは、トッピングのソースやチョコオーナメントもすべて自家製。1階のショーケース内にあるケーキをイートインする時は、プラス100円でプチサイズのジェラートが1つ付けられる。口いっぱいに広がる甘~い幸せを、思う存分楽しんで。