web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 店主の水内志保さん(38)は4年ほど前から市内外のイベントなどに出店し、手間ひまかけて作ったシフォンケーキやクッキーなどを販売していた。昨年11月、現在の場所で工房兼ショップをオープン。小麦粉やバターなど材料はすべて道産品で、まろやかな甘さのきび砂糖を使うなど、こだわりのお菓子は口コミで人気を集めている。
 水内さんは20代の頃に住んでいた沖縄県で、製菓と製パンを学んだ。お菓子やパンのポータルサイト「cotta」の「シニアおうちパンマスター」の認定資格も取得している。
 人気は何と言っても、卵の力だけでフワフワに焼き上げた「シフォンケーキ」(プレーン、チョコ、バナナほか各200円)と、プレーンシフォンケーキに季節のフルーツと生クリームをはさんだ「シフォンサンド」(350円)。カスタードクリームをたっぷり使った「季節のフルーツタルト」(350円~)や、濃厚なレアチーズの「クランブルチーズケーキ」(350円)も早い時間に売り切れるという。グレープフルーツが入りさわやかな味わいの「チョコタルト」(370円)もおすすめだ。
 乳製品が入っていない「おとうふのマフィン」(250円)、小麦粉を使わない「米粉のフィナンシェ」(200円)といった、アレルギーのある子どもに対応するお菓子も用意している。秋に向け、「かぼちゃのモンブラン」も考案中だという。
 水内さんは、「近所の子どもたちやお年寄りの方たちも来てくれてうれしい。『日常のおやつ屋さん』として気軽に立ち寄ってもらえたら」と話している。