web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市緑町の木場町中央通沿いに店を構えるネイルサロン。白を基調とした室内は、アンティークなインテリアがセンス良く置かれ、癒しの空間が広がる。指先のおしゃれに気を配る女性たちが連日、ゆったりくつろぎながら施術を受けている。
 オーナーの唐神智美さん(31)は高校卒業後、札幌の専門学校でネイルをはじめメイクやエステなどトータルビューティーを学んだ。各種資格を取得し、卒業後は自宅でネイルの仕事をスタート。2010年春、念願のサロンを木場町でオープンさせ、一昨年3月に現在の店舗に移転したという。
 ジェルネイルやスカルプチュアなどを中心に、ハンドケアやフットケア、足の角質取りなど、幅広いメニューをそろえている。唐神さんは、「爪のダメージを最小限に考えた施術を心掛けています」とこだわりを話す。
 サービスプランとして、「ハッピープライスデザイン」のネイルを月替わりで8種類用意している。季節感あるデザインのジェルネイルが5,200円から楽しめるため、毎月のように利用する人も多いそう。
 今年2月からは、スワロフスキー社公認の3Dネイルアート「DOUBLE 180(ダブル ワンエイティー)」もメニューに仲間入り。スワロフスキークリスタルをネイルに施し、指先にプレミアムな輝きが楽しめると人気を集めている。「苫小牧初上陸のネイルアート。1粒1粒を爪の上で組み立て、外れにくい構造になっています」と唐神さん。
 「爪先にツヤがあるだけでも気分が上がるので、ネイルサロンを利用したことがない人にも気軽に足を運んでもらえれば」と話している。まずは指先から、春のおしゃれを楽しんでみては。


 
戻る