TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 パン・ケーキ・お菓子 その他
 苫小牧市末広町の住宅街に店を構え、6月で12年を迎えたイタリア家庭料理の店。オーナーシェフの出町ひろみさん(47)が、亡き祖母の家を改装して営業している。外観はまったくの一般住宅なので、玄関先のイタリア国旗を目印にたどり着く、隠れ家的な店だ。
 ランチタイムには、その日のおすすめ素材を使ったパスタにサラダとコーヒーをセットした「パスタランチ」(1050円)が人気。常にオイルベースとトマトソースの2種類を用意している。
 ランチ、ディナーともに黒板に日替わりのアラカルトメニューが書かれているので、こちらにも注目を。「素材本来の持ち味を最大限に引き出すことを心がけています」と出町さん。今の季節には、フレッシュなトマトの甘みが生きた夏季限定の「冷たいトマトのパスタ」(1480円)がおすすめだ。細いパスタ「カッペリーニ」の上には、刻んだ完熟トマトがびっしり乗っている。香り高いエキストラバージンオリーブオイルとニンニク、バジルのシンプルな味わいで、食欲の落ちる暑い日もペロリと食べられる。
 夜のグランドメニューにはオイルベースやトマトソース、クリームソースなどのパスタを豊富に用意している。魚介類をふんだんに使った「トマトソースのペスカトーレ」(1680円)やイタリア産からすみ(ボッタルカ)の濃厚な味が楽しめる「からすみのパスタ」(1580円)など、この店ならではの本格派のメニューが並ぶ。
 ほかに、パリッと焼いた鶏もも肉にハーブの香りが生きた「地鶏の香草焼き」
(1580円)などの肉料理、「チョコレートケーキ」(500円)、「キャラメルのジェラード」(350円)などのドルチェ(デザート)も見逃せない。コース料理は前日まで要予約。
 ワインもカジュアルなものから高級な品まで幅広くそろえている。どんなシーンにも気軽に足を運べる1軒だ。